千葉情報経理専門学校」のカリキュラム、授業方法は充分に考え抜かれたものです。

現代ビジネス社会で必須な技能「情報」と「経理」の知識・技能・技術を基礎に、それぞれの専門学科の目的にそって学んでいきます。
それぞれの人に個性が有り、それぞれの人が豊かな感性を持っています。「千葉情報経理専門学校」はそれぞれの 人に無理のない、余裕をもった授業が受けられ、かつ確実に知識・技能・技能が修得できるようにカリキュラムを組んでいます。 教科は、次の4つに分類した有機的な教科群を形成しています。
(なお、学科により異なります。)

ビジネス基礎教科群

ビジネスについて知るための教科群です。企業は組織としてどのような活躍をするのか、その組織を構成する人はどのような人がいて、 どのような行動をするのか学ぶとともに、企業が規定する法律的な問題や、話法・発表技法についても学びます。ビジネス社会で必須と なったコンピュータ、コンピュータネットワークなどの基礎的な知識・技能・技術、さらに安全なコンピュータ運用や、情報保護のため のセキュリティ対策等、個人情報保護法についても学びます。また、日常の授業は座学が多いので、各期と期の間に「体育の日」を1日 を設けています。「ビジネス文書」「オフィスマナー」「ビジネス論理」「プレゼンテーション」「企業論」「経済学」 「体育」などがこの教科群です。

OA基礎教科群

目覚ましい進展をとげているコンピュータを使いこなすための教科群です。キーボードに充分になれたのち、インターネットやeメールの 利用技法、ワードプロセッサ、スプレッドシート、データベースさらには机上印刷物作成技能(DTP)やコンピュータを活用した発表技 法などを学びます。「パソコンリテラシ」「ワードプロセッサ」「スプレッドシート」「コンピュータ概論」「データベース」 「ネットワーク概論」「情報セキュリティ概論」などがこの教科群です。

経理基礎教科群

現代ビジネス社会において、有形・無形でのお金の動きを知るため、経理の技能は必須のものです。直接経理業務に携わらなくとも知識を 修得していけばビジネス社会の様々な場面で役立ちます。もちろん、経理担当者、企業家をめざす人には絶対に必要な知識・技能・技術で す。「商業簿記」または「コンピュータ会計」「企業会計」「税法概論」「計算実務」などがこの教科群です。

各学科専門教科群

各学科の特性を充分に発揮した教科群です。基礎教科群をさらに発展させた教科もあります。

「千葉情報経理専門学校」は1年5期制で、理解度をチェックしながらの学習をします。

「千葉情報経理専門学校」の授業内容は、目標とする資格、試験の内容だけでなく、将来を見据えた教育内容を設定しています。授業形態は、一般的な講義を中心として、理解をより深めるために演習や、コンピュータを中心とした機器による実習を多く取り入れています。
斬新的な教育システムとして、1年を5期に分けています。集中的な授業をおこない、早期に見つけ、直ちに補うようにしています。このように、確実に理解できる授業を推し進めています。1授業は90分(2時間単位)で、1教科は20授業(計30時間単位)です。1つの教科はもちろんですが、起承転結を明瞭にして、その教科の目的・目標、日々の授業・目標を明示して理解を助けます。理解度の状況確認も各授業終了時に実施することにより、たえず学習効果を測定いたします。期と期のあいだには、集中的に学ぶことで、より効果が得られる教科を集中講義(実習)として配置しています。「体育」も期と期のあいだに設けています。教科書は原則として1教科1冊です。できる限り検定試験対策のための本は教科書とはしません。教科によっては資料集などが必要になる場合もあります。演習のための問題集なども必要になる場合もあります。教科によってはeラーニングなどCD−ROMやインターネットを利用した授業をおこなうことがあります。医療秘書科は、学外の病院・医院にて3週間インターシップをおこないます。